【NFTの確定申告】クリプタクトでNFT・仮想通貨の損益計算をする方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

クリプタクトでは、期間限定で招待キャンペーン実施中!

当ブログ限定リンクからの新規登録&有料プラン購入で、自動で2,000円OFF!

この機会におトクにクリプタクトを使いましょう。

» クリプタクト公式サイト(招待リンク)

  • NFTの損益計算ってどうやったらいいの?
  • 自力での計算は難しすぎる…。専用ツールを使って計算したい

この記事では、このような悩みにお答えします。

NFT・仮想通貨を保有している方にとって、毎年必要なのが損益計算です。

私自身も、エクセルを使って自力でやろうとしたのですが…

なんていうややこしさ!!

えりな

自力での計算は早々に諦めて、ツールに課金しました。

3ツールほど比較した結果、クリプタクトの有料プランを使っています。

» クリプタクト公式サイト(招待リンク)

この記事では、以下の内容でクリプタクトでNFT・仮想通貨の損益計算をする方法をお伝えします。

この記事でわかること
  • NFT・仮想通貨の損益計算の全体像
  • クリプタクトの登録方法
  • クリプタクトを使ったNFT・仮想通貨の損益計算方法

画像たっぷりで説明しているので、クリプタクトを使った損益計算が迷わずできるようになります。

ぜひ、最後までチェックしてくださいね。

NFTの損益計算にはクリプタクト!

クリプタクトは延べ10万人以上&多くの税理士事務所が利用する、国産の損益計算ツールです。

シンプルな操作性で、ややこしいNFT・仮想通貨の損益計算がかんたんになります。

\ 仮想通貨の計算がかんたんに! /

当ブログ限定リンクから登録で2,000円OFF自動適用

 

筆者は税理士ではないため、税務の詳細についてはお答えできません。

当記事は、クリプタクトの操作方法について紹介しております。

損益としてどのように扱うべきかなどは、税理士さんや税務署にご相談くださいね。

目次

NFT・仮想通貨の損益計算の全体像

まずは、仮想通貨・NFTの損益計算の全体像をざっくりと掴んでおきましょう。

仮想通貨の取引のみの場合

仮想通貨の取引のみでNFT取引が無い場合、暗号資産取引所の取引データをアップロードするだけで完了です!

えりな

かんたんだね!

NFTの取引がある場合

NFTの取引がある場合、暗号資産の取引データNFTの取引データの2種類が必要になります。

NFTのデータは、「カスタムファイル」を自分自身で手動で作成する必要があります。

ざっくりとしたイメージは以下のとおりです。

えりな

それでは実際の手順を見ていきましょう!

クリプタクトに登録

まずはクリプタクトの公式サイトにアクセスして、アカウント登録しましょう。

» クリプタクト公式サイト(招待リンク)

登録は無料で、50件までは無料プランで利用できます♪

以下のような場合には、有料プランにする必要があります。

  • 年間取引が50件を超える
  • NFTの取引がある
  • 海外取引所の口座がある
出典: 【CRYPTACT(クリプタクト)】
えりな

国内取引所のみ・NFT取引ありという場合には、お試しプランで良いでしょう。

もし、アップロードしたらお試しプランを超えたという場合でも、その時点で差額を支払えばアップグレードできるので安心してくださいね。

クリプタクトの詳しい登録手順を知りたい方は、【無料あり】クリプタクトの評判と使い方を紹介!仮想通貨・NFTの確定申告に便利の記事を参考にしてください。

\ 仮想通貨の計算がかんたんに! /

当ブログ限定リンクから登録で2,000円OFF自動適用

 

暗号資産取引所の履歴を取り込む

次に、暗号資産取引所の取引履歴をクリプタクトに取り込みます。

取引履歴をダウンロードする

まずは、取引所から履歴をダウンロードします。

ホームからアップロードをクリック。

取引所名をクリック。

取引所によってダウンロード方法が違います。

ヘルプページでダウンロード方法を確認して、各取引所で履歴データを取得します。

参考:bitFlyerとCoincheckのダウンロード方法

bitFlyerの取引履歴ダウンロード方法

ビットフライヤーにログインし、「お取引レポート」をクリックします。

「お取引レポートのダウンロード」をクリックします。

以下の画面が表示されるので、スクロールダウンします。

csvデータの取引履歴を申請します。

えりな

申請から数分でダウンロードができます!

ダウンロードボタンをクリックし、それぞれのcsvデータをダウンロードします。

これでbitFlyerのデータダウンロードが完了しました!

Coincheckの取引履歴ダウンロード方法

Coinchceckにログインします。

「取引履歴」から「業界標準フォーマットはこちら」をクリックします。

月次のcsvデータをダウンロードします。

これでCoincheckのデータダウンロードが完了しました!

参考:API連携でデータを取り込む場合

APIを利用したデータ取り込み方法

取引履歴一覧から「API連携」をクリック。

お使いの取引所をクリック。

「◯◯◯(取引所)のAPIキーを追加する」をクリック。

APIキーの取得方法も各取引所によって違います。ヘルプページを参考にしながらキーを取得しましょう。

APIキーとシークレットキーを入力し、送信します。

クリプタクトに履歴を取り込む

取引所からダウンロードしたデータを、クリプタクトにアップロードしていきます。

えりな

取引所によって項目が違いますが、基本的なアップロード方法は同じです!

ホーム画面から「アップロード」をクリックします。

ダウンロードしたデータを、ドラッグ&ドロップしていきます。

最後に「アップロード」をクリックします。

これでアップロードが完了しました!

他にもアップロードするデータがある場合には、「アップロードを続ける」をクリックしましょう。

暗号資産取引所での取引のみの方は、これで完了です!

【NFT】メタマスクの履歴ダウンロード

えりな

ここからはいよいよNFTの取引履歴をまとめていきます。

NFTの損益計算は以下の順番で作成します。

  1. メタマスクの履歴をダウンロード
  2. クリプタクト専用のカスタムファイルを作成
  3. クリプタクトに取り込む

カスタムファイルを取り込むには、クリプタクトの有料プランが必要です。

まずはメタマスクの履歴をダウンロードします。

履歴はイーサスキャンからダウンロードすることもできますが、ちょっと見にくい…

ということで、よりわかりやすいエンさんのPayment Historyというツールを使います。

Payment Historyを使う

ETH、Polygonなどダウンロードしたいチェーンを選んでGoをクリック。

ウォレットアドレス、ダウンロードしたい期間を入力して、「ETHEREUM」ボタンをクリック。

複数のアドレスを入れたい場合

以下の画像のように改行して4つまで一度に入力できます!

FINISHEDとなったらすべての取引が表示完了です。

EXPORTからDownload as CSVを選択して、データをダウンロードします。

これでダウンロード完了です。

Polygonでの取引がある方はそれぞれダウンロードしましょう。

【NFT】カスタムファイルを作成

ダウンロードしたNFTの取引履歴をもとに、クリプタクト専用のカスタムファイルを作成していきます。

クリプタクト専用フォーマットを入手

まずは、クリプタクトの専用フォーマットをダウンロードします。

専用フォーマットの項目は以下のとおりです。

項目内容 入力例
Timestamp日時2022/10/8 7:06:11
ActionしたことBUY
Source取引サイトOpenSea
BaseNFTの名前USER-APP#5691
VolumeNFTの数1
PriceNFT1つあたりの価格0.01
CounterNFTの決済通貨ETH
Fee手数料0.00005
FeeCcy手数料通貨ETH
CommentメモCNPミント

Payment Historyの必要項目をコピペ

先ほどダウンロードしたクリプタクトの専用フォーマットに、Payment Historyのデータをコピペしていきます。

Payment Historyの項目のうち、クリプタクトの専用フォーマットに必要な項目のみをコピペしましょう。

Payment History クリプタクト専用フォーマット
TimeTimestamp
Event TypeAction
Platform TypeSource
TitleBase
Volume
Value (ETH)Price
Counter
TX Fee(ETH)Fee
FeeCcy

Volume、Counter、FeeCcyの3項目はPayment Historyに該当項目がないため、後ほど手入力します。

取引を思い出す

各項目のコピペが終わったら、Commentの欄に取引内容のメモを残しておきましょう。

時間はかかりますが、取引内容を思い出しておくことで、この後におこなう書き換え作業が楽になります。

どうやって思い出したらいいの?

Payment Historyには、取引したNFTの画像が載っています。

えりな

画像を見ながらだと思い出しやすいですよ!

一つ一つ思い出したら、Comment欄にメモを残していきましょう。

また、Payment HistoryにはスキャムNFTなども表示されています。

スキャムNFTの項目は不要なので削除しておきましょう。

クリプタクト用に書き換える

ここからは、クリプタクト専用フォーマットの形式に書き換えていきます。

買った時:「BUY」の入力方法

NFTを買った時は、Actionを「BUY」に書き換えます。

Payment HistoryのEvent Typeで、「BUY」に該当するのは以下のような項目です。

BUYに該当する取引
  • Buy
  • Bidwon
  • Claim
  • Mint
  • FullfillAdvanceOrder
  • Premint
  • PublicMint
  • -(ハイフン) など

入力例は以下のとおり。

ポイントは以下のとおりです。

  • Sourceは、「Mint Site」や「OS(OpenSea)」など任意で入力
  • Baseは、「USER-◯◯◯」の形式で入力
    ※半角数字・半角英大文字・#が使用可能で15文字まで。小文字は不可。
  • Volumeは、購入したNFTの個数
  • Priceは、1つあたりの価格
  • Feeは、発生したガス代

購入時に発生したガス代は、「Fee(経費)」ではなく「Price(取得価格)」に参入させる考え方もあり、税理士さんによって見解が分かれます。詳しくは税理士さんや税務署にご相談のうえ、各自でご判断ください。

ガス代を「Price」に参入する場合は、ガス代分をPriceに含め、Feeを0にします。

NFTを複数まとめてミントした場合、Payment Historyにはまとめて1行で表示されます。

この場合、1つあたり1行で入力しましょう。

Token IDを確認する場合

行を追加する際、Baseの#◯◯◯にはToken IDを記入しておくと良いです。

えりな

今後、トランスファーや売却した際に、Token IDで追った方がわかりやすいです!

Token IDは、Payment HistoryのTransaction Hashから確認できます。

Etherscanが表示され、各NFTのToken IDが確認できます。

売った時:「SELL」の入力方法

NFTを売った時は、Actionを「SELL」に書き換えます。

Payment HistoryのEvent Typeで、「SELL」に該当するのは以下のような項目です。

SELLに該当する取引
  • Sell
  • DistributionSell など

入力例は以下のとおり。

ポイントは以下のとおりです。

  • Baseは、「USER-◯◯◯」の形式で入力
    ※半角数字・半角英大文字・#が使用可能で15文字まで。小文字は不可。
  • Volumeは、売却したNFTの個数
  • Priceは、売却価格
  • Feeは、発生したガス代

ガス代のみが発生した時:「SENDFEE」の入力方法

ガス代のみが発生した取引の場合、Actionを「SENDFEE」に書き換えます。

Payment HistoryのEvent Typeで、「SENDFEE」に該当するのは以下のような項目です。

BUYに該当する取引
  • Transfer
  • BulkTransfer
  • SaferTransferFrom など

入力例は以下のとおり。

えりな

BUYやSELLとは入力方法が変わります。

ポイントは以下のとおりです。

  • Sourceは、任意
  • Baseは、「ETH」と入力
  • Volumeは、発生したガス代
  • Priceは、空白
  • Feeは、0
  • CounterとFeeCcyは、JPY

その他の場合は?

入力を進めるうちに処理に悩む取引も出てくると思います。

その場合は、税理士さんがいるDAOで相談すると良いでしょう。

えりな

X2E-DAOがおすすめです!

Discord
Discordサーバー「X2E-DAO」に参加しよう! DiscordでX2E-DAOコミュニティをチェック! 4807人のメンバーと交流し、無料の音声・テキストチャットを楽しみましょう。

X2E-DAOの税金相談室では、税理士のもりたさんがNFTの確定申告についてわかりやすく説明してくださっています。

過去の質問も見られますので、ぜひ、まずは過去の質問を検索してみましょう。

【NFT】クリプタクトにデータ取り込み

カスタムファイルの作成が完了したら、クリプタクトにデータを取り込みます。

カスタムファイルを取り込むには、クリプタクトの有料プランが必要です。

ホーム画面でアップロードをクリック。

カスタムをクリック。

作成したカスタムファイルをドラッグ&ドロップ。

アップロードをクリック。

これでアップロードが完了です!

エラーがなければ損益が表示されているので確認しましょう。

えりな

お疲れさまでした!これで損益計算が完了です。

アップロードできない時

以下のように、ファイルのアップロードができない場合があります。

これは、データ形式が正しくないなど、ファイル上に間違いがある場合です。

カスタムファイルを修正し、再度アップロードしましょう。

再アップロードの方法

先にアップロードしたカスタムファイルを削除したうえで、再度アップロードします。

カスタムファイルをクリック。

ゴミ箱のアイコンをクリック。

カスタムファイルを選択肢、「選択ファイルを削除」をクリック。

チェックをいれて、「履歴を削除」をクリック。

これでカスタムファイルの削除が完了しました。

修正したファイルを再度アップロードしましょう。

損益計算が中断される時

以下のように、損益計算が中断される場合があります。

これは、未分類取引がある場合など、全取引履歴がアップロードされていない場合に起こります。

「未分類取引解消(ウィザード機能)」をクリックし、詳細を確認しましょう。

以下のようにエラーの詳細が確認できます。

カスタムファイルの取引履歴の修正をし、再度アップロードしましょう。

まとめ:クリプタクトで面倒な損益計算をかんたんに!

この記事では、クリプタクトを使った仮想通貨・NFTの損益計算の方法を説明しました。

暗号資産取引所での取引のみであれば、損益計算はかなりシンプルでかんたんにできます。

一方で、NFTの損益計算は。。。正直言ってかなりめんどうです!!

ただし、クリプタクトの有料プランを使うことで、かなり手間が省けて時間も節約できるようになります。

えりな

時間が節約できれば、その分NFTのリサーチやDAO活に充てられます!

ぜひクリプタクトを味方につけて、仮想通貨・NFTの損益計算をかんたんにしてくださいね!

\ 仮想通貨の計算がかんたんに! /

当ブログ限定リンクから登録で2,000円OFF自動適用

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次